全て,70点台,70点代,シナリオゲー

アサガオは夜を識らない。

ウミネコの声で目を覚ました。
陽射しの射し込む車窓から外を見れば、前日の雨で増水した海上を
飛沫を上げながら列車が進んでいた。

夏の陽射しは白く、列車の軌跡を辿る曳波(ひきなみ)も白 ...